分娩後脱毛症は一時的なもの

約10ヶ月の妊娠期を経て、ようやくこの世に生まれ出てきた愛しいわが子との幸せな生活を送っていて、そんな時に実は産後の薄毛で悩んでいるといった女性は少なくないのです。髪の毛の質が低下したり白髪が出たり、ぱさつくなどといった何らかの髪の問題を入れると出産後実に2人に1人は悩みを抱えているとも言われています。もちろん髪の毛だけでなくて産後はカルシウムなども赤ちゃんの栄養として取られてしまったり、授乳期にももちろん栄養を赤ちゃんにどんどんと与えてあげているので母体の栄養は不足気味でもあります。
さらには産後は赤ちゃん中心の生活となって、授乳でろくに眠れなかったり、落ち着いてきたと思ったら今度は夜泣きが始まってやはり寝不足となってしまったり、身体も疲れますし、もちろん精神的にも疲れたり、また赤ちゃんの成長などを考えて心配などもつきなく、大変なのです。こうした身体や精神的な疲れというのももちろん抜け毛や薄毛の原因となるのは当然と言えるでしょう。また先ほど妊娠中にも話がでました女性ホルモンももちろん産後の薄毛に影響を及ぼしています。妊娠初期に一時的に分泌量が低下したエストロゲンは妊娠後期になると逆に分泌量が増加します。しかし産後しばらくしていくとエストロゲンの分泌量はまた元の正常な状態に戻ります。
これは通常のヘアサイクルを崩すもので、本来は既に抜けているはずの髪の毛がエストロゲンの分泌量の増加でそのままになっていたものが、元に戻ったために今度は一気に抜け落ちてしまうという現象を引き起こすものと考えられています。そのため一時的に抜け毛が増加し薄毛となってしまうのです。こうした産後の薄毛は分娩後脱毛症という病名もついていて、一時的なもので治るものです。
しかしこうした病気があると思わずに何か変な病気なのではなどと考えて精神的にストレスを感じひどくなると円形脱毛症などを引き起こす事がありますので、気をつけましょう。通常では分娩後2~6ヶ月の間に症状が出ることが最も多く、1年以内には症状も治まりますが、個人差もありますので多少の期間のずれは気にしないようにしましょう。女性薄毛として避ける事ができないこうした妊娠や出産の薄毛については、すぐに育毛剤などでケアをしないととあせることはありませんが、症状が治まらなかったりひどかったりした時には育毛剤などを使ってケアをする事で症状も緩和されて精神的にも落ち着くといった事もあります。