妊娠中の薄毛について知っておこう

さてここからは女性薄毛の核心とも言える、女性特有の薄毛の原因について考えていくことにしましょう。先ずは妊娠中の薄毛についてです。新しい命を授かって嬉しい、喜ばしいといった気持ちでいる中、妊娠中は女性の身体はいろいろと変化しているのです。つわりがひどくなにも食べられない状態が続いて、ひどい人になると入院を余儀なくされたり、食べ物の好みが変わるなどといった事もあり、一つのものだけを食べ続ける人もいるようです。そんな妊娠中の身体の変化の一つとして妊娠中の薄毛という症状があります。
考えられる原因としては先ずは女性ホルモンのバランスの崩れです。特に妊娠初期の場合には女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が低下するのです。このエストロゲンの分泌量の低下という現象は女性の場合には更年期に起こる現象でもあります。更年期の場合にはもちろん分泌量の低下そして衰退というのは、老化という現象の中でいわば避けることができない事なのですが、妊娠中の場合にはこうした現象は一時的なものとなっています。しかし妊娠中には精神的にもストレスなどを抱えやすい状態となっています。また先ほども話をしましたように、食べ物の好みが変わったり、偏った食生活などをおくる事も多いのです。
これらも実は女性ホルモンの分泌量を低下させる一因になるとも言われていますので、これらが重なると抜け毛や薄毛を引き起こしやすくなります。また女性ホルモンの周期なども変化する事もあり、それによって髪の毛が抜け落ちて、新しい髪の毛が生え変わるといったヘアサイクルにも影響を与えてこれが抜け毛や薄毛の原因になるとも言われています。また妊娠初期にはつわりなどのためにシャンプーのニオイがだめといった人もいたり、気分がすぐれなくて日頃よりも雑にシャンプーしたり、その回数も減ったりすることで頭皮にも影響が出ます。
また妊娠後期には今度はお腹がせり出してくるのでシャンプーの体勢をするのが大変になったりでこれまた回数が減ったり、すすぎが十分に出来なかったりする事もあります。それらによって頭皮の状態が悪くなって髪の毛が痛んだり、もちろん抜け毛などにもつながる事があります。そうでなくても妊娠中は精神的にも落ち込んだりという事もあるのに、抜け毛や薄毛などとなるとさらにストレスがかかってしまい、症状がひどくなる事もありますから、これらの抜け毛や薄毛は一時的なものなのだという事を知ってまた育毛剤などもあると思って必要以上のストレスを感じないようにしましょう。